Office 365 SoloとOffice 2019を徹底比較【Office全般】

関連ソフト Office 2019/365 Solo

少し前まで家庭向け製品といえば永続ライセンス版のOfficeが主流でしたが、最近ではサブスクリプション版である Office 365 Solo という製品が販売され、家庭向けOffice製品の提供形態も時代に沿って変化してきています。

Office 365 Solo(サブスクリプション版)の特徴

Office 365 Soloとは、家庭向けのサブスクリプション版Office製品です。
サブスクリプション版とは、月額または年額で契約し契約期間中のみ利用できるOffice製品のことです。
そのため、一度に払う料金は永続版のOfficeと比べ安価で済み、常に最新バージョンのOfficeが利用できます。
合わせてOfficeの利用だけでなく、OneDrive1TBのオンラインストレージやSkypeの60分無料通話というサービスも契約期間中であれば利用できます。

Microsoft Office 365 Solo (最新 1年版)

Office 2019(永続版)の特徴

Office 2019(永続版)とは、一度の購入で永続的に利用できるOffice製品です。
PersonalやHome&Businessなどエディションごとに含まれるアプリや料金が異なり、元々PCに搭載された状態で販売されているケースもあります。
常に最新のOfficeが使えるわけではなく、新製品が出た場合は新機能などは利用できなくなります。
買い切り型の製品になるので、料金設定はSoloと比べると若干高めです。

Microsoft Office Personal 2019 (最新 永続版)

Microsoft Office Home & Business 2019(最新 永続版)

Office 365 SoloとOffice 2019の違い

Office 365 Solo Office 2019
バージョン 常に最新 固定
料金 1か月:1,274円
1年:12,744円
Personal:32,184円
Home&Business:37,584円
Professional:64,585円
※パッケージ版の料金
含まれるアプリ WordExcelOutlook
Power PointAccessPublisher
Personal:WordExcelOutlook
Home&Business:↑+Power Point
Professional:↑+AccessPublisher
含まれるサービス OneDrive:1TBのストレージ
Skype:60分無料通話
なし
インストール台数 同時利用5台まで 2台まで(パッケージ版)

 

Office製品は約3年のスパンで新しい製品が販売されるため、3年経過時の料金を比較してみます。

Office 365 Solo Professional 2019 Home&Business 2019 Personal 2019
1年 12,744円 64,585円 37,584円 32,184円
2年 25,488円
3年 38,232円

コストだけで比較すると、3年利用すればPersonal、Home&Businessなら安く抑えられます。
ただ、利用できるアプリやサービスはOffice 365 Soloのほうが多いので、総合的に比較するとより多いアプリやサービスが使えるOffice 365 Soloがおすすめです。
そこまでアプリやサービス使わないという方に関しては永続版でも良いかと思います。
Professionalに関しては、明らかにSoloを購入した方がお得なのでMicrosoft的にあまり売る気はないのかも知れません。
 

Office 365 SoloとOffice 2019のメリット・デメリット

はじめにも少し記載していますが、それぞれのメリット・デメリットを表にまとめました。

Office 365 Solo Office 2019
メリット ・常に最新のOfficeが使える
・PC5台まで利用可能
・ほぼ全てのOffice製品が利用可能
・OneDrive:大容量1TB
・Skype:毎月60分の無料通話
・様々なデバイスで利用可能
(モバイル、タブレット、Macなど)
・追加費用なしで利用可能
・契約更新がないため、管理が比較的楽
デメリット ・1か月もしくは1年ごとにコストがかかる
・契約更新やキャンセルなど管理が
 難しいイメージがある
・新製品が出た場合、新機能が利用できなくなる
・永続版とあるがサポート期限があるため、
 新しいOSで動かなくなるなどのリスクがある
・購入時の価格が若干高め

 

まとめ

利用方法や環境によって向き不向きがありますのでOffice 365 SoloとOffice 2019どちらが良いとも一概には言えませんが、付けているサービスや価格帯から見てもMicrosoft的にはOffice 365 Soloをおすすめしているのがわかるので、今後はおそらくOffice 365 Soloが主流になってくるかと思います。

また、Office 365 SoloはWebページで一元管理できる製品なので期限を確認したり、更新を止める場合はWeb上から操作が可能です。
 
■Office 2019(永続版)がおすすめな方
・新機能は特に使わない方
・いろいろなアプリ・サービスは使わない予定の方
・1つのバージョンで長く使い続ける予定の方

 
■Office 365 Solo(サブスクリプション)がおすすめな方
・ビジネスで利用する方
・普段からOfficeをよく利用する方
・最新の機能なども含めて今後Officeを勉強する予定の方
※既にOffice 365 Solo(365サービス含)でしか使えない関数や機能が追加されてきています。
そのため、Officeをより便利に使いたい方や新機能も含め勉強していきたい方はOffice 365 Soloがおすすめです。

スポンサーリンク