スペースを入力すると四角い記号が表示される【Word】

関連ソフト Word 2013/2016/2019

スペースを入力すると四角い記号が表示される

Wordでは「改行」「スペース」「タブ」などがどこに入力されているのか確認できるように、そういった [編集記号] を可視化する機能が付いています。
スペースキーを入力した際に、四角い記号が入力されてしまう場合は [編集記号] を表示する設定になっていますので、表示させたくない場合は [編集記号] を非表示の設定にする必要があります。
この記事では [編集記号] を非表示の設定にする方法について紹介します。

メニューから [編集記号] を非表示の設定にする方法

1.上記メニュー内 [ホーム] タブ → [段落] グループ内にある「編集記号の表示/非表示」のアイコンをクリックします。
メニューから編集記号を非表示の設定にする
・アイコンがグレーがかっている:表示
・アイコンがグレーがかっていない:非表示

2.スペースを入力し、四角い記号が表示されないか確認してください。

表示されたままになっている場合は下記を手順を実施してください。

オプションから [編集記号] を非表示の設定にする方法

1.画面左上 「ファイル」 → 「オプション」 → 「表示」 と進み、Wordのオプション画面を開きます。
オプションから編集記号を非表示の設定にする01

2.[常に画面に表示する編集記号] 内の「スペース」と「すべての編集記号を表示する」のチェックを外し、「OK」を選択します。
オプションから編集記号を非表示の設定にする02

3.Wordの文書画面に戻り、スペースの四角い記号が表示されてないか確認してください。

[編集記号] は常に表示しておいたほうが良い

[編集記号] を表示する設定にしておくといろんな記号が表示されて見づらいと感じる方も多いかと思います。
しかし、[編集記号] を非表示の設定のまま色々な機能や設定などを活用するようになってくると、どこになんの設定で調整しているのかよくわからなくなってしまいます。
また、印刷プレビューや実際に印刷した際は表示、印字されない記号です。

そのため、おすすめとしては文章作成画面は [編集記号] を表示する設定にしておき、印刷結果を確認する際は印刷プレビューを確認するという使い方が良いかと思います。
最後印刷しないという場合でも最終的に [編集記号] を非表示に戻せば良いだけですので、文章の編集中はなるべく [編集記号] を表示設定にしておきましょう。

スポンサーリンク