複数の図形をグループ化する方法【Word/Excel】

関連ソフト Word 2013/2016/2019Excel 2013/2016/2019

WordやExcelでは、図形やテキストボックス、その他のオブジェクトをグループ化することができます。
グループ化とは、複数の図形やオブジェクトを一つのオブジェクトにまとめることができる機能で、グループ化しておくことで移動やサイズ変更、回転などを一つのオブジェクトとして一括で行うことが可能です。
また、図形の塗りつぶしや効果なども一度に適用することができます。

複数の図形をグループ化する方法

1.キーボードの [Ctrl] キーを押しながらグループ化したい図形やオブジェクトをクリックしていきます。

※もしくはメニュー内「ホーム」→「検索と選択」→「オブジェクトの選択」をクリックし、図形を覆うようにマウスドラッグすることでも複数選択可。
(Wordの場合は「ホーム」→「選択」→「オブジェクトの選択」をクリック → マウスドラッグ)

2.複数のオブジェクトが選択された状態でどれかのオブジェクトの上で右クリックし、メニュー内「グループ化」→「グループ化」を選択します。

3.以上でグループ化の操作は完了です。一つのオブジェクトになったか確認してください。

グループ化を解除する方法

1.グループ化されたオブジェクトの上で右クリックし、メニュー内「グループ化」→「グループ解除」を選択します。

2.グループ化が解除され、別々のオブジェクトに分かれたか確認してください。

「グループ化」ボタンがグレーアウトされクリックできない

「グループ化」ボタンがグレーアウトされている場合の原因としては主に以下の2点が考えられます。

1.複数の図形、オブジェクトが選択できていない
オブジェクトが1つしか選択できていなかったり、1つも選択されていない場合、「グループ化」機能は使えないためグレーアウト表示になります。複数の図形またはオブジェクトを選択してください。

2.[文字列の折り返し] が [行内] に設定されている
Wordの場合のみになりますが、オブジェクトの [文字列の折り返し] 設定が [行内] になっているものがあると「グループ化」機能は利用できません。すべてのオブジェクトの [文字列の折り返し] 設定を [行内] 以外にしてください。

スポンサーリンク