カテゴリー別アーカイブ: 数式・参照

SUM関数【Excel】

=SUM(数値 1, [数値 2], …)SUM関数とは数値の合計を出す関数です。例えば、 =A1+A2+A3 を =SUM(A1:A3) で出すことができます。SUM関数の使い方や離れた範囲の合計を求める方法、横一列の合計を求める方法などを説明していきます。

シリアル値とは【Excel】

シリアル値とは、日付や時刻を計算できるように数値で表した値のことです。日付や時刻を入力して計算などもできるため会社の勤怠管理や給与計算などにも応用されていますが、内部的なデータとしてはすべてこのシリアル値で管理されています。

図形やテキストボックスの中にセルに入力した文字を参照する【Excel】

図形やテキストボックスには、数式やセル参照などは行うことができません。「=A1」と入力してもそのままの文字列として表示されてしまいます。そこで、テキストボックスや図形にセル参照させる方法をご紹介します。